読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パワーでるでる

20代で起業したけれど、今のところ何とか生きてる経営者。ブログ名とは違って脱力系です。

SMAP 解散

ニュース

f:id:ramune555:20160814164840j:plain

 

SMAP解散するようですね。

今年の初めに、確か彼らの番組内で会見して

「僕らは前向いて頑張ります」みたいなコメントを見た気がしますが…。

 

結局、何のための会見だったんですかねぇ。

茶番のような気がしますねぇ。

 

 

メンバー5人のコメント全文

今回の解散コメントは以下の通り

 

中居正広さん

 「ファンの皆様、関係各位の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…」

 

このコメントは分かりますね。

最後の文章の「…」は不要な気がしますけど。

 

稲垣吾郎さん

 「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意思をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました」

 

香取慎吾さん

 「ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。僕らSMAPは解散いたします。応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

 

この2人のコメントも分かります。

ちゃんと謝罪の言葉もありますしね。

 

草彅剛さん

 「この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います」

 

謝罪の一文は必要だと思いますけど、

まぁ良いと思います。

 

 

木村拓哉さん

 「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

 

は?

このコメントはダメでしょ。

情けないのはキムタクあなたでしょ、と言いたい。

暗に他のメンバーが悪いと書いてしまってるんですよねー。

「5人揃わなければ何もできない」と書いている割に、

あっさり自分の保身だけしてしまうキムタク。。。

 

 

どう考えてもキムタクのスタンスが微妙

今年の頭の会見のあともネット上では荒れまくっていました。

キムタクの人気取りのための謝罪会見だと、叩かれていました。

 

 

 

正直、僕もそう見えましたけど、

実際のところ、

SMAPの真相なんてきっとSMAP以外には分からないと思います。

 

だからこそ

木村さんも謝罪ありきのコメントを残すべきだと思うんですよね。

 

 

世間を騒がせたという自覚はあるでしょうから

お騒がせしてすみません、と一言言えば良いんですよ。

 

 

それを敢えて言わないから、

キムタクが悪い、みたいな世論になるんですよね。

 

 

これだけ長く活動していたら、それなりにズレや温度差が生じるのは

誰もが想像できることです。

 だから誰かが1人だけ悪いということは無いと思います。

 

 

しかし、このキムタクのスタンスは完全に失敗してますよ。

これからジャニーズ事務所が必死に、「キムタクいい人」説を

メディアに流していくのでしょうけど、当の本人がこれじゃ厳しいですね。

 

 

 

キムタクはハワイでバカンス中に解散を知る?

こんなニュースもぞろぞろ出てます。

 

 

でも、これは矛盾していますよね。

 

解散のコメントを出している訳ですから。

 

 

こういうゴシップニュースも注意深く見ると、

割と真実が見えてくるかもしれません。

 

 

 

もしかすると巧妙なビジネスなのかも

 

SMAPは年末に解散するようなのですが、

解散あるある詐欺の可能性もあり得ますよね。

 

本当に解散するなら、今日でえぇがな、と。

 

 

僕が社長ならもう1曲くらい歌わせて、

シングル発売、併せてベストアルバム、DVDと販売したいところです。

 

世界に1つだけの花の購買運動でランクインする訳ですから、

この解散を機に何か考えるかもしれませんね。