パワーでるでる

20代で起業したけれど、今のところ何とか生きてる経営者。ブログ名とは違って脱力系です。

Dragon Ash MAJESTIC フラゲ!! 

聴くだけで色んな感情が溢れ出すアルバム

f:id:ramune555:20170531034424j:plain

 

明日、Dragon Ashの3年ぶりのフルアルバムMAJESTICが発売されます。

 

僕は発売の情報が出た瞬間に、Amazonポチしましたので

前日に届きましたー!

 

 

Dragon Ashは今年で20周年、そのメモリアルアルバムとしてふさわしいアルバムになっている、今作。

デビューからずっとずっと応援し続けてきた僕が、ブログで紹介します。

 

 

 

20周年にして、全く新しい始まりを予感させる今作

 

 前作のアルバムThe Facesでは、

THE FACES【初回限定盤】

THE FACES【初回限定盤】

 

 

IKUZONEの逝去もあり、

最後の楽曲Curtain Call に示されていたように、

Dragon Ashとして、kjとしても一つの幕引きがあったのだと思います。

 

前作のあと、初の試みとなるkjのソロ活動が始まり、

ファンとしてはこの先どうなるのだろうか、と少し心配していました。

 

インタビューを見ても、The Facesでは燃え尽きた感がヒシヒシ伝わってきていましたしね…。

もうクリエイティブで挑戦的なDragon Ashはもう見られないのかな、と。

 

 

いやいや、そんなことありませんでした。

 

今作の1曲目のMAJESTIC、2曲目のSTARDUSTを聴くと

今までの心配が吹き飛びました。

 

 

 

 

また戦うDragon Ashが帰ってきた

 

f:id:ramune555:20170531035911j:plain

 

シンセを多用した今作は、今までのDragon Ashの楽曲と一線を画します。

 

IKUZONEが抜けてしまった結果、リズム隊も当然ながら

大きな変化があり、ブレイクビーツもキレッキレなんですよね。

音の質そのものも、従来よりも高いレベルまで押し上げ、

EDM色の強いJUMPも含め、まさにファンにとっては

驚きがたくさん詰まった、新しい始まりを予感させるアルバムとなっています。

 

 

純粋にメロディが良い 純粋にかっこいい

ファンなら当然知っていますが、アルバムHarvestから

 

HARVEST

HARVEST

 

 

彼らの楽曲はどこか憂いを帯びており

光と影のコントラストが常にありました。

 

 

だが今作は瑞々しいほどの新鮮な楽曲がズラリ。

 

ファンとして、

こういうアルバムが聴きたかったんだよー

と思わず叫んでしまう作品ですね。

 

収録曲Ode to Joyの意味のとおり、

まさに歓喜の歌が並んでいるのです。

 

 

kjの持っている類稀なるメロディーメーカーとしての

才能が十分に発揮されているMAJESTIC。

 

是非、あなたも聴いてみてくださいねー!

 

 

 

 

Beside You (完全限定盤)

Beside You (完全限定盤)

 

 

 

 

ramune555.hatenablog.com

ramune555.hatenablog.com

ramune555.hatenablog.com